配信ライブへ向けて~その4~

更新日:2020年9月10日

さてここまで技術的なことを書いてきたけど、そもそも良い音ってなんだろう。

CDのような音質は間違いなく良い音という認識を皆さん持ってますよね。


ただそれがライブということになると少し変わってきます。

会場の雰囲気、空気感、お客さんの歓声なども音に影響しCDとかよりも満足感があったりしますよね。


ましてや配信という形だと尚更事情が違うと思うんです。

お客さんはいないし、楽器やボーカルを会場でダイレクトに聞くんじゃなくスマホやパソコンで聞く方が大半です。

ただライブを聞くというのと違うのは映像も付いてくるという点ですね。


なのでライブDVDにように映像も編集し音もキチンとミックスしたものを配信する。

これはこれで良いと思うけど、僕が目指すのはどこまで生の演奏を伝えられるか!

なんです。


これは非常に難題だし聞く方のデバイスの違いにも左右されるので現時点では不可能に近いことです。


それでもなんとか音響卓からの生々しい音(少し大きな会場で全ての楽器や声をマイクで録り、その音を加工なしにダイレクトで聞くとリアルすぎて聞くに堪えないこともあります)ではなく多少なりともライブ感のある音を目指したいのです。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

配信ライブについて

ヒゲスタのホームページはWIXを使って作成しています。 まだまだ慣れない部分もありたまにお勉強してるんですが 先日発見したことがあります! 何かというと有料の動画配信が自前で出来るということ! 実はこの有料でというのが配信を始めた当初から頭を悩ませていたんです。 皆さんは動画を配信するのって誰でも出来ますよね? YouTubeや他のSNSでもそれこそ携帯一つあれば簡単です。 が!それを有料化すると